Ubuntu 18.04のapt installで”Unable to locate package”のエラーはsources.listを編集して解決できる

環境

  • Ubuntu server 18.04

apt install で ”Unable to locate package” のエラー

python3-pip というパッケージをインストールしようと apt install  すると以下のエラーが出ました。

原因と解決

原因は適切なリポジトリ(パッケージのダウンロード先)が設定されていないことでした。

リポジトリのアドレスは /etc/apt/sources.list に定義されています。

結論から言うと、 deb http://~~ で始まる3行の最後に universe を追記すれば解決します。

解説

Ubuntuには4種類のリポジトリがあり、それぞれ登録されているソフトウェアは以下のように区別されているようです。

  • main :公式にサポートされるソフトウェア
  • Restricted :デバイス用のプロプライエタリなドライバ
  • universe :コミュニティによってメンテナンスされるソフトウェア
  • Multiverse :著作権や法的な問題によって制限されたソフトウェア

デフォルトの /etc/apt/sources.list には main リポジトリしか登録されていなかったことが原因だったようです。